主要取り扱いメーカー

有名国産タイヤメーカー、有名輸入タイヤメーカー各種お取り扱いしております。
下記一覧から、メーカーロゴをクリックすると各メーカーの概要欄に移動します

YOKOHAMA ヨコハマタイヤ

横浜ゴム株式会社が手がけるタイヤブランド。タイヤ製造の技術力には定評がある。
その中でも主にレーシングタイヤなどのフラッグシップに位置する「ADVAN」ブランドは世界中にファンがいるほど。その他低燃費タイヤのBluEarth(ブルーアース)シリーズや四駆・SUV向けのGEOLANDAR(ジオランダー) シリーズ、スタッドレスタイヤのiceGUARD(アイスガード) などがある。

YOKOHAMA WHEEL ヨコハマホイール

ADVAN RacingやAVSなどデザイン性が高く実用性にも富んだホイールをJapan Madeにこだわって製造しているYOKOHAMAホイール。
ドレスアップ用としてはもちろんのこと、スーパー耐久レースなどレース分野でも使用されるといった実績があり、そのファン層は幅広い。
ADVAN Racing RSやAdvan Racing GTなど根強い人気があるホイールのラインナップが揃っている。
また、横浜ゴムの関連会社だけあり、同社のADVANブランドタイヤとの相性は抜群。

advan-wheel アドバン ホイール

DUNLOP ダンロップ

ダンロップはイギリス発祥のタイヤメーカー。現在では住友ゴム工業が製造、販売を行っている。
独自の低燃費技術を採用した低燃費タイヤENASAVE(エナセーブ)や高級志向のVEURO(ヴューロ)、スポーツ志向のDIREZZA(ディレッツァ)などがある。

FALKEN ファルケンタイヤ

ファルケンはもともと日本のオーツタイヤが有したタイヤブランド。
現在はダンロップと同じ住友ゴム工業が製造販売を行っている。
ダンロップのセカンドブランドとして扱われがちであるが実際は住友ゴム工業のグローバルブランドとして、欧米を中心に販売されている。
モータースポーツ分野でのマーケティングにも力を入れており、タイヤもスポーツ向けのラインナップを含め多くの商品が発売さている。

GOOD YEAR グッドイヤー

グッドイヤーはアメリカのタイヤメーカー。日本では住友ゴム工業が包括的資本提携を結んでいるため製造・販売していたが2015年6月に提携解消が発表された。
Vector 4Seasons(ベクター フォーシーズンズ)は国内ではあまり多くない乗用車用オールシーズンタイヤとしてひとつの選択肢といえる。
その他EAGLE(イーグル)やE-Grip(イーグリップ)、スタッドレスタイヤのICE NAVI(アイスナビ)シリーズなどがある。

TOYO TIRE トーヨータイヤ

東洋ゴム工業株式会社が手がけるタイヤブランド。
TRANPATH(トランパス)シリーズが主力で、ミニバンやSUVなど重量の重い車専用のタイヤとして、業界では先駆け的な存在である。
国内外の多くの自動車に新車装着タイヤとして納入されている実績を持つ。

NITTO ニットー

ニットーはトーヨータイヤが有する北米向けタイヤブランド。
大径スポーツタイヤを中心にハイパフォーマンスな車向けのタイヤを多くラインナップしている。また、ドレスアップ時のハイインチタイヤとしても人気がある。

SUV向けのグラップラーシリーズは北米で根強い人気があり、日本国内でも大型SUVを中心に多くの車に装着されている。

Continental コンチネンタル

コンチネンタルはドイツの自動車部品製造メーカー。自動車に関する部品を幅広く造っているがその中でもタイヤが主力製品。
ドイツのメーカーだけあってベンツやBMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどドイツ車に新車装着されていることが多い。
特に欧州車や高級車などエンジン排気量が大きくパワーのある車にはグリップ力の高いContiSportContact (コンチスポーツコンタクト)やContiPremiumContact (コンチプレミアムコンタクト)などがよくマッチする。

ビバンダム ミシュラン タイヤ 光輪タイヤ 

MICHELIN ミシュラン

フランスのタイヤメーカー。特に国内ではタイヤよりも同社の発行するレストランや旅行の三ツ星評価付きガイドブック『レッドガイドブック』が有名。
スポーツタイプのPilot(パイロット)シリーズやラグジュアリータイプのPrimacy(プライマシー)シリーズ、スタンダードタイプのENERGY(エナジー)シリーズなどそれぞれ世界各国で定評がある。
マスコットキャラクターの名前は「ビバンダム」。

BF Goodrich ビーエフグッドリッチ

BFグッドリッチはアメリカ発祥のタイヤメーカー。現在はミシュラン傘下のブランドのひとつとなっている。世界初の空気入り自動車用タイヤを開発したタイヤメーカーとして有名。
大型SUV用タイヤの製造では知名度が高く、「Mud-Terrain T/A KM3」「 ALL-Terrain T/A KO2」は非常に人気がある。悪路での走破性が高いだけでなくドレスアップタイヤとしてもよく用いられる。
また「Radial T/A」はアメ車の旧車などに良くマッチし世界中に多くのファンが存在する。

BRIDGESTONE ブリヂストン

株式会社ブリヂストンは世界最大手のタイヤメーカー。世界でのシェア堂々の一位を誇る。
社名は創業者の石橋正二郎の橋(ブリッジ)と石(ストーン)が由来となっている。
コンフォート向けフラッグシップモデルのREGNO(レグノ) やスポーツタイヤのフラッグシップであるPOTENZA(ポテンザ) 、ECOPIA(エコピア) 、BLIZZAK(ブリザック)シリーズなど、幅広いラインナップを取り揃えているのは同社のひとつの強みである。

PIRELLI ピレリ

ピレリはイタリアのタイヤメーカー。
高グリップと走行安定性を確保したフラッグシップモデルのP Zero(ピーゼロ)やCINTURATO(チントゥラート)、日本向けスタッドレスタイヤのWINTER ICECONTROL(ウィンターアイスコントロール)などがある。

欧州のタイヤメーカーの中でも比較的安価な商品が多くコストパフォーマンスが高いのも同社の製品の特徴である。

NANKANG ナンカン

ナンカンは1959年操業開始の台湾のタイヤメーカー。
かつては横浜ゴム株式会社と技術提供契約を結ぶなど、研究開発に力を注いでいる。
スタンダードクラスの低燃費タイヤからスポーツタイヤ、スタッドレスタイヤまで幅広いラインナップを揃える。
スタッドレスタイヤはアジアンタイヤとしては日本国内で最も流通している部類に入る。

ATR RADIAL エーティーアール

「ATR RADIAL (エーティーアールラジアル)」は、全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)やフォーミュラドリフトのスポンサーを務めるなど、モータースポーツに力を注いでいるタイヤブランドです。タイヤにとって厳しい使用環境でもあるドリフトにおいても優れた性能を発揮。その品質の高さはドリフトユーザーだけではなく、一般のユーザーからも認められ、多くのユーザーを魅了しています。

ZEETEX ジーテックス

ZEETEX(ジーテックス)はUAEのドバイに拠点を置くプライベートブランドで、タイヤをはじめ数々の自動車パーツを専門に取り扱っています。
サイズ展開も豊富で、スポーツタイヤからスタンダードタイヤ、SUVタイヤまで幅広く取り扱っているのも魅力の1つです。
ZEETEXは85ヵ所の国で販売されており、安全性や乗り心地、低ノイズ性だけではなく環境への配慮をも考慮して作られていますので、初めての方でも安心してご購入いただけます。

HIFLY ハイフライ

HIFLYはアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって、日本へ供給されています。
ユニコーンタイヤは、良質なタイヤを、世界各国に販売しています。
乗用車用タイヤから商用車、バス、トラックまで幅広いサイズ、タイプの商品を魅力的な価格で提供しています。
その中のメインブランドであるHIFLYタイヤは中国工場で生産し、北米、ヨーロッパをはじめ現在世界各国で販売されている人気商品です。
取り扱い商品は、アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、欧州など各国の基準、規定に合格しています。

NEXEN ネクセン

ネクセンは1942年設立の韓国のタイヤメーカー。
韓国国内では20%以上のシェアを誇る大手メーカーである。
スズキや三菱、フォルクスワーゲン、フィアット、クライスラー、シボレーなど様々な自動車メーカーの新車装着タイヤとして採用されている。

MAXTREK マックストレック

創業は新しく2006年の設立ですが、最新設備へ積極的に投資を行っております。
世界基準のISO9001、ISO/TS16949を取得した開発・生産ラインを持ち、アメリカDOT標準、欧州ECE/EEC標準、ブラジルINMETRO標準、ナイジェリアSONCAP標準、ガルフGCC、中国CCC標準といった世界中の認証も取得しています。
2014年からはアメリカの大手小売業Wal-Martでも取り扱い開始し年間生産量は700万本を達成するレベルまで成長。
これまでに開発したタイヤパターンは20種以上、タイヤサイズは500種以上です。

MINERVA ミネルバ

『ミネルバ』ブランドは、自動車の歴史の中でも古くから名を馳せたベルギー生まれの有名な自動車メーカーの一つで、1902年から1938年にかけて欧州の著名な俳優や政治家のために高級車を製造していました。
その高級車は、イギリスの高級車メーカーとして有名なロールスロイスに匹敵する品質・スペックを持ちながらも、とてもリーズナブルな価格設定で販売されていたため、著名人からだけでなく、多くの一般人からも長く愛されました。
タイヤブランドとしての『ミネルバ』の誕生は、1992年にコンチネンタル社によって『ミネルバタイヤ』の提供が開始されたことにはじまり、20年以上の歴史を歩んできました。現在では、ヨーロッパやアジアをはじめ、世界52カ国以上でブランド展開されており、国際的な販売網を構築しています。各国で高い評価と信頼を積み重ねてきた『ミネルバタイヤ』は、毎年300万本以上を販売するまでに成長し、 世界的に見ても主要なブランドになりました。

MOMO モモ

MOMOは創業1964年。創設者であるレーシングドライバー「ジャンピエロ・モレッティ(Gianpiero Moretti)」と 彼が愛したサーキットコース「モンツァ サーキット(ITALY MONZA CIRCUIT)」を名前の由来とするMOMOは、2014年で50周年を迎えました。
数々のレースで勝利を収めてきたそのノウハウが製品に継承され、今日までハイクォリティなカーライフと安全性を追及し続けています。
MOMOの理念は熟練された技術と革新的なデザインに裏打ちされた、安全性とパフォーマンスにあります。
特にスポーツに特化したブランドであるため、パフォーマンスの高さには定評があります。
レースシーンで活躍するドライバーならではの深い洞察力を活かしながら、進化したテクノロジーを駆使したタイヤづくりで、軽自動車用から輸入車用まで幅広いラインナップを揃える点も魅力です。

HANKOOK ハンコック

ハンコックは1941年設立の韓国のタイヤメーカー。
世界約185カ国に輸出しており2018年現在韓国で1位、アジアで3位、世界では7位のタイヤの売上高を誇る。
日本国内ではトヨタ、日産、三菱、ダイハツ、などに新車装着タイヤとして採用されている。
また、世界ではフォルクスワーゲン、アウディ、フォード、ゼネラルモーターズ(GM)など多くの自動車メーカーに採用されている。

ラウフェン Laufenn

ラウフェンは韓国のタイヤメーカーハンコックのセカンドブランド。
スタンダードクラスのタイヤを中心に幅広いサイズラインナップでリーズナブルな価格帯のタイヤを発売している。
価格に対して性能は高く、コストパフォーマンスに優れたタイヤが多い。

KUMHO クムホ

クムホは1960年設立の韓国のタイヤメーカー。世界180カ国以上で販売されている。
生産能力と製品の品質が評価され、メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、フォード、三菱、日産など数々の自動車メーカーで新車装着タイヤとして採用されている実績がある。
2014年には技術力に定評のある国内人気タイヤメーカーのヨコハマタイヤと技術提携をし、年々タイヤの開発力が高まっている。

ゼスティノ ZESTINO

ゼスティノは、日本で企画開発された国産タイヤメーカー。
ドリフトやサーキットなど様々なスポーツシーンで高いパフォーマンスを出せる商品を中心にラインナップされ、モータースポーツを楽しむユーザーを中心に、人気が拡大している。
生産を中国の専用工場で行うことでコストを削減しリーズナブルな価格設定となっているところも魅力の一つ。

MAXXIS マキシス

マキシスは台湾のタイヤメーカー正新ゴム(チェンシンゴム)のブランド。同社のシェアは世界9位。
自動車タイヤだけではなく自転車やバイクなどの二輪車向けタイヤでも人気がある。近年急速に売上・シェアを伸ばしているメーカーで大手自動車メーカーの新車装着タイヤとしても利用されるなど実績も多くある。
コンフォート向けタイヤや低燃費タイヤの他、Creepy Crawler(クリーピークローラー)やBighorn(ビッグホーン)といった四駆向けのオフロード仕様タイヤも高い評価がなされている。

ROADSTONE ロードストーン

ロードストーンは韓国第3位のタイヤメーカー、ネクセン社の欧米向け輸出ブランド。
ネクセンと同じ工場で生産される商品がほとんどのため商品構成もよく似ている。
欧米向けということでヨーロッパ規格である ETRTO をクリアした性能品質を謳い、ネクセン以上に欧州車への適応を念頭に置いて開発されたタイヤが多くラインナップされている。

GT RADIAL ジーティーラジアル

GT RADIALは1951年にインドネシアで創業されたタイヤメーカー。
フランスの大手タイヤメーカーであるミシュラン社の資本参加を仰ぎ、同社製タイヤのライセンス生産を通じて得たノウハウ蓄積を現在のタイヤ開発に活かしている。
世界8カ国に生産拠点を持ち、世界でのタイヤ生産量はトップ10入りをはたしている(2014年)。
トヨタ、ホンダ、鈴木、ダイハツ、フォルクスワーゲン、ルノー、プジョーなどの新車装着タイヤとしても採用実績がありその性能は折り紙つき。

OVATION オベーション

OVATION(オベーション)はアメリカに拠点を置くユニコーン社が発売しているタイヤ。 北米、ヨーロッパを始め世界100カ国以上で流通、販売されている。
高品質とコストパフォーマンスの両立を最新の設備と技術により実現。
アメリカ合衆国運輸省の認定規格であ るDOTをはじめ、欧州など各国の基準、規定に合格している。 生産は主に中国の工場で行われておりコストパフォーマンスの高い商品が揃っている。

FORTUNA フォーチュナ

FORTUNA(フォーチュナ)は2005年より全世界で発売されているタイヤメーカー。
ヨーロッパや北米現地での規格に合格しており高いパフォーマンスのタイヤが揃っている。
中国をはじめとするアジア諸国の生産工場で製造されており豊富なサイズラインナップのタイヤが発売されている。

KENDA ケンダ

日本の有名バイクメーカー、ホンダやヤマハの純正タイヤにも使用される程の高品質なタイヤメーカーです。1962年に設立以来、KENDA(ケンダ)タイヤは、バイク用タイヤだけでなく、自転車のタイヤ・チューブをはじめ、産業用タイヤ、農業タイヤ、軽トラックタイヤ、トレーラータイヤ、トラック・バスのタイヤなど、幅広くタイヤとチューブ製品を製造しています。
創業以来、変わることのないミッションを掲げ、世界中のお客さまにご満足いただいているKENDAのタイヤ。その信頼性はオンロードでも、オフロードでも変わることはなく、さらに過酷な挑戦への可能性を拓く製品づくりにもチャレンジしています。
KENDAはこれからも、変化しつづけるタイヤへのニーズに対応するべく、みずからその耐久性や性能を高め、総合タイヤメーカーとして、より安全にドライビングを楽しめるタイヤを創りつづけていきます。

FEDERAL フェデラル

フェデラルコーポレーションは1954年に設立され、1960~1979年はブリヂストンと、1981~2000年は住友ゴム工業(ダンロップタイヤ)とそれぞれ技術提携を行いました。基礎から高度な技術までのノーハウ習得し、フェデラルタイヤという独自のブランドを築き上げてきました。今日、フェデラルは70以上の国、100以上の地域に代理店があり、強力なグローバルネットワークを持っています。国内の流通経路としては長年の間、子会社であるフェデレックス(Federex)マーケティングコーポレーションに管理を任せ、台湾における販売チャネルは大幅に成長し、台湾の隅々まで行き届いています。

CORSA コルサ

コルサタイヤはインドネシアの大手タイヤメーカー「MASA(PT Multistrada Arah Sarana Tbk)」の展開するブランドの一つであり、快適性能に重きを置いた使用感が特徴の製品です。
ブランドは分かれていますが、型式が同じタイヤを発売地域や国別にブランド名を変えて展開しているものもあり、各ブランド別の品質の差はそれほど心配ありません。
1991年に巨大な資本で設立されたMASAは、当初から最先端技術の導入に力を入れ、ピレリ(1991〜1994)やコンチネンタル(1994〜2000)からの技術協力の提携をしており、現地はもちろん海外でも定評があります。
また、日本では「CORSA」の知名度はあまり高くありませんが、「ACHILLES CORSA」として、世界的にも有名なイングランドのサッカープレミアリーグ「マンチェスター・ユナイテッド」のオフィシャルパートナーにもなっており、国際的にかなり認知度の高いブランドです。

PINSO ピンソ

Pinsoタイヤは、インドネシア製造の世界的大手タイヤメーカー「MASA(PT Multistrada Arah Sarana Tbk)」からのOEM提携のような形で日本にも輸入されています。
スポーティタイヤブランドとして1978年の創業からアジアを中心にしっかりとした基盤を築いており、2008年頃から日本でも展開し始めています。
また「MASA」は、世界中すべてのスポーツクラブの中でももっともファンが多いと言われるイングランドのサッカープレミアリーグ「マンチェスター・ユナイテッド」のオフィシャルパートナーになっており、世界的知名度ならびに安定した資本力が分かります。
クルマ雑誌にも時折ピックアップされるなど、確かな品質ポテンシャル持っているおすすめ輸入タイヤです。

Economist エコノミスト

エコノミストATR-Kは、タイヤ通販大手オートウェイのプライベートブランド商品です。
ラベルを見ても分かるように、製造はATRスポーツが行なっていますが、ブロックパターンなど設計においてもオートウェイが参画して、日本の軽自動車に向けて作られたタイヤです。
“基本性能をしっかり持たせつつ、転がり抵抗を抑えて耐久性を高めたロングライフ設計”と公式ページに謳われているように、エコタイヤとしてコストパフォーマンスは抜群。
そして実際に乗ってみた印象ではそれらに加えて、ATRスポーツが得意とするグリップ性能や制動性能が高くなっています。

RADAR レーダー

Radar(レーダー)は、Omni Unitedのグループ会社で、2006年にシンガポールで設立されたメーカーです。
高い走行性能と環境性能を両立させたタイヤを数多く開発しており、世界90ヵ国以上で販売。
ISOやDOTといった最高レベルの品質基準をクリアし、ヨーロッパの安全基準を厳守。
PAHを使用していないオイルを製品の原材料とし、環境に配慮しています。